名古屋・岐阜│外壁塗装

トップ 外壁塗装メニュー WB多彩色仕上工法 お風呂塗装 施工事例紹介 法人・オーナー様向け 会社概要 お問い合わせ お見積り依頼 ブログ

外壁塗装メニューExterior wall painting menu

塗り替えが必要な理由

外壁塗装工事は単に色を変えることを目的にする工事ではありません。
お客様の大切な建物を守り、建物の長期保全をはかることができる工事です。

建物は常に厳しい環境条件下にさらされています。塗装されていなければ外壁はすぐに痛みます。
風雨や日射など自然環境から建物を保護する際に、塗膜は大きな威力を発揮します。
塗膜の劣化は建物の傷みを早める直接的な原因となるので、早めの点検と塗り替えが大切です。
また、壁の傷みは塗装面の防水が切れることから始まります。
早期に傷みを発見し、補修することは家の寿命を延ばすことに繋がります。


塗り替えメリット

外壁塗装の劣化


施行のポイント

足場組立

作業に必要な足場の設置工事です。 通常3名程で施工しますが建物が大きい場合などは若干人数が増える場合もございます。 大事なプランターや盆栽、オブジェなど弊社にて価値の判断がつかないものは あらかじめ移動をお願いいたします。

シート養生

隣家に塗料が飛散しないようにシートで足場を囲います。 隣家との距離が近接している際は二重にしたり、特殊シートを利用したりして飛散を防ぎます。

高圧洗浄

汚れ等を取り除いていきます。建物にもよりますが概ね半日で終わる作業です。

コーキング処理

基本的に今あるコーキングを取り除き、新しいコーキングを入れる打ち替え処理を行っていきます。 ただ、サッシ回りや入隅等は打ち替えてしまうと雨漏りの危険が増すため 上からいれていく増打ち処理になります。 しっかりとした手順を元にサイディングの間やサッシ周りの止水処理を行います。

マスキング処理

塗ってはいけない部分を保護するための作業です。基本的には窓部分のビニール養生となります。 玄関扉も養生いたしますが出入りは可能です。 ここから窓が開けられなくなるのでご不便をおかけしますが、 どうしても我慢ができない際には養生の真ん中部分を破って通風していただいても結構です。

下地処理

塗装に入る前に補修を行っていきます。 大きなクラックはコーキングにて補修します。 浮いた外壁はできる限り元に戻します。

下塗り

1回目は下塗り作業となります。 外壁とお選びいただいた仕上げ塗料との密着性を高めたり細かい部分の補修作業も含みます。

中塗り

ご指定いただいた色にて塗装開始します。3回塗りが確実に行えるようここではご指定いただいた色に若干白色を混ぜるなどして 2回目と3回目の塗装の違いが目視で判断できるように調色します。

上塗り

最終の仕上げ塗装となります。ご指定いただいた色にて塗装いたします。 通常であればここまでで10日間ほどの日程となります。 もちろん天候に左右されますのであくまで目安としてください。

コーティング

耐久性を高めるために4回目の塗装をする場合があります。 塗った直後から塗膜表面を超親水性にするためにし、低汚染性を最高レベルで発揮してくれます。

付帯部塗装

雨どい、破風、庇、雨戸などの外壁に付帯する部分の塗装工事です。 非鉄といわれるアルミ、銅、ステンレス等には基本的に塗装は不可となります。

完成

着工の際組み立てた足場の解体です。解体は半日程度で完了する場合が殆どです。


おすすめ塗料

シリコン樹脂塗料耐久年数【8〜10年】

ウレタンよりもさらに耐久性が優れるとされ、メーカーも開発を進めて来ました。
また、現在では耐久性を高めたセラミック配合や汚れにくい機能など持たせたものなど多く販売されています。
但し、最近の売れ筋塗料という反面で価格を抑えた含有量の少ない、名前だけの「シリコン塗料」という耐久力の低い製品も数多く販売されているため注意が必要です。

二液性クリーンマイルドシリコン

油性クリーンマイルドの大きな特徴は二液性ということです。硬化剤を使用するタイプの塗料になるため、耐久力、密着力と大変高性能です。また水性の塗料に比べ、油性の塗料は発色もよく、塗った感じも高級感があります。
私たちBASE.も会社一押しのおすすめ塗料としてご提案させていただいています。
しかし、二液性は塗料が強いため、養生ビニール等をすぐ溶かしてしまいます。
窓ガラスや床面に付着した塗料がなかなか取れない等、扱いにくいところがあるので、多くの塗装業者であまり使用されていません。
ですが、塗料性能、お値打ちさを考えると、お客様に自身を持ってお勧めできる塗料でしょう。

フッ素樹脂塗料耐久年数【15〜20年】

「シリコン塗料」同様に名前だけの「フッ素塗料」が数多く販売されており、耐久力が低いものがあるため注意が必要です。
フッ素はウレタンやシリコンと比較すると抜群の耐久力、耐水性、耐熱性がありますが、施工も難しくなります。
外壁や屋根など、適切に塗布すればウレタンやシリコンに比べ飛躍的な性能を発揮し、耐久力が大変優れていています。

クリーンマイルドフッソ

SK化研のフッ素塗料。クリーンマイルド(二液性)シリーズは評判も高く、お客様自身心できる塗料でしょう。
またSK化研独自の特許、セラミック複合技術で「停滞電性」「高い架橋密性」「親水性」をうたい超低汚染を発揮しています。
また幅広い下地適用性には定評があり、旧塗膜の種類、状況を問わず優れた密着を示しています。
また出荷の多さからコスト的にも大変お値打ちで、フッ素塗料の中では比較的お値打ちになります。

無機系塗料耐久年数【20〜30年】

非常に耐候性が高い(寿命が長い)塗料として取り上げられるものの一つに「無機塗料」というものがあります。
日本ペイントの実験でも過酷な条件を再現し高負荷を塗膜にかける実験で、フッ素樹脂塗料が光沢保持率20%未満の状況であっても、無機塗料が70%以上の光沢率を維持しているという実験結果を発表されました。
何度も塗り替えをしたくない方や、外壁塗装のトータルコストを下げたい方に喜ばれています。

クリスタルコート

日本ペイントの無機系超低汚染コーティング
超親水膜を形成し、光触媒塗料などの光源に頼らずとも、雨水と一緒に汚れを流す低汚染性を発揮します。
建築用では、最強の低汚染レベル「超・超低汚染」と日本ペイントが位置づけする塗料というよりコーティング剤になります。
シリコン塗料やフッ素塗料を塗った後に仕上げのコーティング剤として塗装していきます。
高い耐久性が期待することができ、何度も塗り替えをしたくないという方に喜ばれています。