法人・オーナー様向け

トップ 外壁塗装メニュー WB多彩色仕上工法 お風呂塗装 施工事例紹介 法人・オーナー様向け 会社概要 お問い合わせ お見積り依頼 ブログ

法人・オーナー様向けFor corporations / owners

外壁塗装の重要性について考えてみる!

賃貸物件を経営しているオーナー様にとって、外壁塗装は避けては通れない問題だと思われます。
雨漏りや強度などの実用面は当然のことながら、美観状の基準にもなってきますので、入居率や家賃にも大きく影響してくる部分です。
ただ、この外壁塗装は一度行えばそれで終わりではなく、定期的に発生するものであり、一回の工事費用も高額です。
例えば、集合住宅の場合などでは材料費や工賃を含めると1000万円を超す工事になることも珍しくありません。
その結果、こんなに値段が高いと、どうせすぐまた修復するのだから、と外壁塗装にかけるお金を減らそうと思われる方も実際に見かけます。
その結果、逆に塗り替え回数が増えてしまうことでトータルコストが増加したり、入居率の低下によって賃貸収入の減少をされた方も実際に見かけます。
ですので、賃貸物件、特に集合住宅のオーナー様は外壁塗装の質を落とすようなことをしてはならないのです。

外壁塗装での使用塗料の法定耐用年数について

では、塗り替えの行うタイミングがいつがいいのか?
当然、建物の防水に関しての問題が出たり、美観が損なわれてきた時などありますが、事業用の建物を外壁塗装する際は確定申告が必要になります。
そして、確定申告をする際には、外壁塗装を「どのような目的で行うのか」ということによって申告項目が変わります。
「耐久年数で経費を分割して計上する資本的支出」と「費を一気に計上する修繕費」の二つがありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
本格的にアパート経営を行っている人や、専門的な知識を有しているのなら別ですが、多くのケースでは、確定申告の際に修繕費に入れられるかどうかで悩むものです。
修繕費で計上したものの結果NGで、減価償却せざるを得ないなんてこともあるはずです。
その際に関わってくるのが法定耐用年数です。
具体的な法定耐用年数は、アクリル系の樹脂塗料が5年から7年、ウレタン系が10年となっています。
そしてシリコン樹脂系の塗料が12年から15年、フッ素樹脂系は15年から20年となっています。
これらはあくまで目安ですし、修繕費に該当するのか、それとも資本的支出に該当するかは、判断がしづらいこともあります。
不安であれば税務署に相談するのがベストでしょうし、基準自体が曖昧ですし、分かりづらい判断基準となっているため、事前に確認した上で外壁塗装を行うと安心です。

アパートの外壁塗装工事の費用について

これはどんな外壁塗装工事にも言えることですが、それぞれの物件で大きさや劣化状態等が異なりますので、一概にそれならいくらですとは言えません。
ただ、ある程度の費用を知りたいというお声をよく聞きますので、ざっくりとですが費用相場を紹介します。
使用している塗料によって差があるので数百万円単位で差がありますが、3階建ての一般的なアパートで200万円弱から400万円ほどかかります。
5階建てだと500万円弱から600万円以上かかることも珍しくありません。
10階建てになると1000万円ほど必要です。
階数表示ではなく、平米表示だと、1000平米の際には中央値で450万円ほどとなるでしょう。
上記したようにケースバイケースで費用相場は異なってきます。
このように大きな物件になればなるほど、かかる費用も比例していきますので、自分が所有しているアパートだとどれほどの費用相場なのかを確認するためにも
複数業者に見積もり請求をし、その後信頼度や技術力などを見極めて工事業者を決めていきましょう。

マンション経営の敵=外壁塗装!?

ただルミステージという塗料を使うことで、多くのケースで20年ほど外壁塗装をしなくて済みます。
他の塗料だと10年や数年に1回塗り替えが必要なのでその都度大規模な塗装が必要ですが、ルミステージだとそんな面倒な思いもしなくて済むでしょう。
これによりオーナー様が抱えるリスクを低減させることができ、より良いマンション経営ができるでしょう。
→ただ、高耐久の塗料を使用することで、トータルコストの削減を成功することができます。
通常の塗料ですと、基本的には10年に一度の塗り替えが必要となってきますので、その都度、足場や養生等の基本工事費用がかかりますが、塗料価格は割高であっても高耐久塗料を塗装することで基本工事費用をかけずにすみ、オーナー様が抱えるリスクを低減させることによりより良いマンション経営ができるでしょう

長寿命のクリスタルコートの活用で多くのメリットを享受しよう

クリスタルコートは寿命が長いということで外壁塗装に関する費用が節約できます。
ですがクリスタルコートのメリットはそれだけではありません。
クリスタルコートの特徴は日本ペイント最高レベルの超親水性による低汚染が特徴です。
汚れを落としやすいという効果があるため、もし汚れてしまっても雨が降るとそれを取り除いてくれるでしょう。
いくら外壁塗装の頻度が少なく済んだとしても外壁が汚くては意味がありませんから、こういった防汚効果は助かります。
また壁にとっての難敵でもあるカビや藻にも強くこれらを防ぐ効果もあるようです。
さらに紫外線にも強さを発揮し、クリスタルコートはいろいろな素材に使えることもあり、マンション経営者の方に愛されています。
クリスタルコートは、マンションを一棟丸ごと所有していて外壁塗装についての経費削減をしたい人におすすめです。
コスト削減ができるだけではなく、工事そのものの頻度が減るため、住人やオーナー様にかかる負担も少なくなるでしょう。
クリスタルコートは、塗り替え時のみならず新築時にも使用することができますので、様々な機会に活用できます。
長寿命のクリスタルコートの実力を実感してください。