これ、塗装なんです!!WB多彩色仕上げ施工現場

どちらの外壁が塗装したかわかりますか??

 

 

BeforeとAfterと書いてあるのでAfterの方が塗装したのだろうなとはわかると思います。

そうです。Afetrと記載している方が塗装したものです。Beforeと記載した外壁をWB多彩色仕上げという工法で塗装したのがAfterです。

従来ですとこのようなデザインサイディングはこの柄を残すことは出来ませんでした。どうしても単色の塗装になるしかなかったのです。もしくはクリア塗装という透明の塗料を塗るか。ただし、透明の塗料はあくまで透明ですので、色褪せをしているとそのままになりますので見た目は悪いままでした。

しかし、WB多彩色仕上げ工法ではこのようなデザインサイディングのような柄をつけることができ、かつラジカル制御分子が入った高耐久といった画期的な塗料であり塗装方法なのです。

 

外壁・屋根塗装の施工現場【三重県】

 

 

 

外壁・屋根ともに剥離が多数あった現場です。石材調のセラミック塗料は水を含んでしまうと触るとボロボロと落ちてきたり剥離してしまいます。この現場も同様の症状が出ていましたので、補修をしたのちそのまま通常工程で下塗りを塗ってしまうと上塗りの色がつかなかったり、剥離してしまったりするためまず現塗膜を固める作業をしたのち、通常工程に入りました。

このように劣化が大きくなっていてもしっかりと直すことは出来ますので、まずはご相談ください。

 

外壁屋根塗装【いなべ市】

いなべ市での外壁・屋根・外塀塗装工事の施工写真になります。

写真からはわかりにくいですが、外壁面は白・紺・水色の三色、屋根は焦茶です。

濃いめの色はスタイリッシュに見えて、ここ最近の流行りですね。

腐食部分やこけ、クラックなど劣化がかなり来ていましたが、今後もご安心してお暮らしいただけるようしっかりと補修をしてから塗装を行いました。

塗装をお考えの方はぜひご参考にしていただければと思います。

波板の交換工事

波板の交換工事など簡易リフォームも行なっています。

今回は85尺ほどの波板を新しいものに取り替えさせていただきました。その際、躯体が木材で腐食しているところもあったため、新たに木材を入れさせていただきました。

どこに頼んだらいいのだろうという簡易リフォームも行なっていますので、お気軽にお問い合わせください。

https://blog.with2.net/link/?1968714

[外壁塗装施工] WB多彩仕上げ工法

先日、ブログでも紹介させていただいたのですが、Try Renovation BASE.はスズカファイン社製の

特許工法であるWB多彩仕上げ工法の認定です。

今までになかった画期的な施工方法で、単色塗りではなく多彩色になる為、新築のデザインサイディング

と同じような模様を再現できます。

詳しくはこちら

https://www.suzukafine.co.jp/sfdata/product/c/C55026.pdf

実際に塗装した感じはどうなるのかと、よく問い合わせを受けますので、実際に塗った現場の写真を載せてみます。

ご参考になればと思います。

 

https://blog.with2.net/link/?1968714

 

[外壁塗装施工宅]

三重県桑名市の多度町で先日完工した現場の写真です。

今回の施工は外壁、屋根、外塀の塗装工事を行いました。

苔やクラックが入りやすい物件だった為、超低汚染塗料のクリスタコートと弾性シリコン

塗料を使用しました。

色も元々は白色でしたがダークグレーに変わり、よりスタイリッシュになりました。

お客様にも提案から完工までとても満足いただきました。

Before                                                     After

https://blog.with2.net/link/?1968714

特許WB多彩仕上工法の取扱認定店です。

 

Try Renovation BASE.はスズカファイン社製のWB多彩仕上工法の取扱認定店になりました。

まだ東海、全国でも販売店・施工店が限られている特許工法です。

WB多彩仕上げ工法とはどのようなものか?

今までの塗装は単色が中心で、現在主流である柄の入ったサイディングボードの家の塗り替えを行う際は

それまでの柄はどうしてもなくなっていました。

柄を残すにはクリア塗料という透明の塗料の塗るしかなかったのですが、このクリア塗装では色褪せをなくすことが

できなかったため、新築から7年程で塗装しなければいけませんでした。逆に塗装が遅れてしまってクリア塗装をすると、

柄は残っても色褪せは元のままです。

それを劇的に変えたのがスズカファインが特許を取得したWB多彩仕上工法です。

これまでできなかったデザインサイディングの柄を塗装によって、再現してしまう工法です。

そろそろ視覚の贅沢を楽しむ塗装をしてみませんか?

下に、どのようなものかPR動画をのせましたので、ぜひご覧ください。

劣化した外壁が見事復活!!!

どのお家も築15年以上経っていたため、外壁面の劣化もかなりありましたが、お客様からはできる限り

劣化の箇所がわからないようにしてほしいという依頼がありました。下塗りを行う前の下地処理を

細かく丁寧にしっかり行うことで、劣化跡も残らずに塗装することができ、大変お喜びいただきました。

価格面には大変ご満足いただきました。

トイレのリフォーム

トイレのリフォームはこれまでの生活の印象が様変わりします。

ちょうどタイプの違うトイレの現場ができましたので、ぜひリフォームの参考にしてみてください。

どちらもLIXILさんのシャワートイレですが、室内のクロスなどを変えるだけで印象もだいぶ変わります。

①清潔感いっぱいに白を基調としたタイプ

②黒のクロスと金色のクロスで和モダンタイプ