火災保険で雨樋などの住宅修繕ができる

火災保険で雨樋や漆喰、カーポート等の修繕ができることを知っていましたか?

火災保険は火事が起こった時にしか適用されないと思っていた方も多いと思います。

ただ意外に知られていませんが、火災保険は

「風雨災害や雪害、落雷やひょうによる被害」

(例えば、強風によって木の破片などが窓に当たって割れたり、雪の重みで樋が曲がったり、落雪でカーポートが壊れたり、台風で屋根瓦が破損したり、などなど)や、

「落下物や飛来物、第三者の過失や故意による住宅被害」

(例えば、強盗や窃盗によって建物や家財が盗難・破損した時や、子供のボール遊びなどで窓ガラスが破損した時など)

住宅火災保険の一般的な補償対象は建物と家財の2種類です。

建物だけではなく、家の中のものにまで保険をかけることができるのです。

そこで私たちに一番多くご依頼いただくのが、雨樋の補修です。

雪の重みによって曲がってしまった雨樋を新しいものに変えるという工事です。

下に、今回終わった現場の写真を載せておきますので、ご参考にしてください。

ただ、どのように保険を使用すればいいかわからないと思われる方も多いはず。

多くの方がまずは保険会社さんに電話をしてみると思いますが、その前に私たちのような専門業者に相談するとより保険がおりる可能性が高くなります。

おりる可能性が高くなるというと、なぜ?とはてなマークが浮かぶと思いますが、保険会社さんに連絡をすると事故の詳細を聞かれ事故の書類を記載し、そのあと保険会社の方と鑑定士さんが現場に来て事故部分を調査しに来ます。そこでよく言われるのが「これは経年劣化だね」という言葉です。パッと見て、すぐにわかるほどの被害状況であればそのようなことはないのですが、雨樋の反りや歪み等は一見するとどちらとも取れる場合があります。火災保険は災害被害の場合に適用されるものですので、経年劣化では適用されません。

ですので、専門業者にまず連絡をして、写真を撮ってもらったり事故報告の仕方のアドバイスをもらったり、見積もりを出してもらっておくなどをしてから保険会社さんに連絡すると良いと思います。

TryRenovationBASE.ではご相談から保険会社さんへの対応、工事までトータルでサポートしていますので、お困りの際のぜひお気軽にご連絡ください。

https://blog.with2.net/link/?1968714