お風呂塗装

ご存知ですか?
早くて安くて快適なお風呂の再生塗装について。

お風呂のリフォームをしたいと考えた時にほとんどの方が考えるのが新品への入替です。
浴槽を交換したり、最近はユニットバス・システムバスが大半を占めているので浴室丸ごと総取替の工事をしたりします。
お風呂リフォームで使用される費用の平均としては約100万円くらいになります。
ただ、その取替工事本当に必要でしょうか?弊社に相談に来るほとんどの方がお風呂のリフォームは取替しか知りません。
どうして取替をしたいかを聞くと、年数が経って汚れが気になる、見た目が古くなってきた、傷がついたなどが大多数です。機能的なことより見た目の問題が一番占めているのです。多くの方は清潔な空間で暖かいお湯に浸かることが出来れば問題ないのです。
では、見た目を変えたいだけのために100万円近い費用を使用して新品に変える必要がありますか?

 

そこでBASEはずっと昔からあったのに意外と知られていないお風呂の再生塗装をご提案いたします。
塗装の専門店BASEが手がけるお風呂の再生塗装はこれまでも多くのお客様のお風呂を蘇らせてきました。

 

お風呂の塗装工事自体は一般的にはあまり知られていないリフォーム方法ですが、実はかなり昔から行われてきた施工方法の一つなんです。主にホテルの浴室等で使用されてきた技術です。一つのホテルには一部屋につき一つのお風呂がついていますよね。それがだいたい30室ぐらいから大きなホテルになってこれば百単位であるので、長年使用してこれば古くなってきますので掃除では落ちない汚れなどもついてきます。それを全て新しく変えていたのではかなりの費用がかかりますし、施工に時間のかかる入替施工ではその間の売上にも影響していきます。そこで使用されたのが、この早くて安くて新品のように蘇るお風呂塗装というわけなんです。
では、この画期的なリフォーム方法がなぜあまり世間に広まっていないかと言えば、入替工事の方が施工が簡単でリスクが少ないからです。入替工事の方が売上金額も高いですし、施工レベルも多くの業者が参入しやすいレベルです。一方、塗装の最大の敵は水分や湿気です。お風呂塗装はその水分湿気が常にあるところを施工するわけなので、施工後のリスクも高く、その上売上金額も低いので、ほとんどの業者さんは参入しづらいのです。そうした理由で腕のある職人さんが少なく世間にはなかなか広まりづらかったといったところです。

それではBASEのお風呂の再生塗装について、ユニットバスの入れ替えと比べてどのようなメリットがあるか見て見ましょう。


お風呂塗装の最大のメリットはその価格の圧倒的な安さ!コストパフォーマンスの高さにあります!
お風呂塗装での浴室リフォームはユニットバス入れ替え費用のなんと1/2から1/5の費用でできます。
ユニットバス入替の工事費用がインターネットや広告などでよく30万円、40万円台からできますなどの記載がありますが、あれは集客力を増やすためのものですので、実際の価格は約85万円くらいが相場になります。

 

ユニットバス本体の入替費用

グレード 大きさ
0.75坪タイプ 1.0坪タイプ
ロークラス 58~74万円 69~86万円
ミドルクラス 66~87万円 73~92万円
ハイクラス 93~112万円 98~118万円

その理由は材料費、人件費、工事費の3つの違いがあります。
一つ目にユニットバス入替では新しいユニットバス(材料)が必要になります。二つ目に取り付け工事に関して、お風呂塗装であれば一人で行いますが、ユニットバスの入替工事は複数の職人が工事にあたりますし、工期も長いためその分費用(人件費)がかかります。最後に、工事費では既存ユニットバスの解体工事費、処分費、組立工事費など色々なところに費用がかかってきます。これはあくまでも普通の取り替えができるところですので、特殊な構造のお風呂や規格外のサイズなどですと値段は増えていきます。
お風呂のリフォームにそこまで費用はかけられないけれど、綺麗なお風呂にしたいという方にはこのお風呂塗装はもってこいです!!

 


お風呂塗装の話をするとよくお客様からお風呂って塗れるの?とご質問を受けます。
現在、ほとんどのお風呂に使用されている素材はFRPという素材なのですが、これは元々工場で塗装を施されて出荷されてきた商品なんです。それを、工場ではなく実際の現場で行えるようにした技術がお風呂塗装ですので、問題なく塗装することは可能なのです。
色が褪せてきても、汚れがついていても、傷がついていても補修を加えたあとで新しく表面を塗装していきますので、新品同様にピカピカに変わります。
よくお客様からはお風呂が変わったとも言われるくらい、見違えるように綺麗になります。
また、BASEのお風呂塗装は色を変えることもできますし、壁や床を塗装ではなく別の素材を貼る施工もしているので綺麗になるだけでなく全く違った雰囲気にすることもできます。

 


ユニットバス入替であると、入れ替えが難しい現場というのがあります。例えば、構造上の問題。これはマンションでよくあることですが、柱や梁によって入替が困難な状態。また戸建て住宅ですと、浴室が外壁に面していることで、壁を取り壊して新たに壁を作らなければいけないパターン。規格外の浴室のため、対応しているユニットバスがない(特に在来浴室など)そうした変えようとしたけれどこのお風呂は無理ですと言われたようなお風呂でも綺麗に生まれ変わらせることができるのです。
BASEのお風呂塗装ではどんな素材のお風呂でも対応可能です。
* FRP以外は塗装がしづらいので塗装不可という業者さんも多い

 


通常ユニットバスの入れ替えの工期は一週間程度かかります。現場状況によってはそれ以上かかることもあります。その間はお風呂を使用できないため、例えば銭湯など他の場所を利用しないといけなくなります。一週間もご家族を別の場所に連れていくのはなかなか大変ですよね。時期的に夏などはシャワーなど何度も浴びたい時期などは避けたいと思うかもしれません。また、不動産売買で引き渡しの期限が迫っている場合や、入居者がおり、日数を長引かせられない場合など、工期が長くなればその分だけ不自由も増えてきます。
しかし、お風呂塗装であれば1日から3日程度終わることができますので、ご都合に合わせて工事することも可能です。

 

代表的なお風呂塗装の施工事例

施工場所 浴槽 浴室全体
施工方法 塗装
施工期間 2日間

一般的なお風呂塗装の現場の一つです。
元々、経年劣化や汚れ、傷などが多くあるお風呂でしたが、これを下地処理、補修をした後に塗装をするとこのように新品同様に生まれ変わることができます。お風呂塗装の塗料は防カビ効果もあるので汚れもつきにくくなります。

 


施工場所 浴槽
施工方法 塗装 床シート
施工期間 3日間

BASEのお風呂塗装では色も変えることができます。
こちらは元々紺色の浴槽でしたが、見違えるような真っ白な浴槽に様変わりしました。
この色を変える技術は非常に難しく熟練のお風呂塗装職人だからこそできる技術なのです。
床は塗装では無く床シートを貼ることでタイルのひんやり感がなくなり温かみが生まれ、滑りにくくなります。

 

施工場所 浴槽 浴室全体
施工方法 塗装 床シート
施工期間 3日間

BASEのお風呂塗装はFRPはもちろんですが人造大理石やホーロー、ステンレス、タイルも塗装することができるのです。
実はFRP以外の素材を塗装できる業者さんは非常に稀なんです。
塗装することによって清潔も生まれ、雰囲気もかなり変化します。

 


最近のデザインでは壁の一面や二面にこのような色の違う要素を入れることでアクセントを出すデザインが人気です。
フィルムやパネルを使用することによって、塗装では生み出しにくかった高級感も出すことができます。

 

 

3M ダイノックフィルム見本色

その他の色はこちら

詳しい製品情報はこちら

 

汚れから保護するコーティング塗装

お風呂塗装には二種類あります。
お風呂を再生するための塗装と汚れから保護するための塗装です。
お風呂を再生するための塗装とは上述したお風呂の再生塗装で、これは傷やひび割れにも対応できますし、色も変えることができます。何より表面を塗装していくので新品のように蘇ることができます。
二つ目の汚れから保護するための塗装とは、防カビコーティングやクリアコーティングと呼ばれる塗装で、塗料の力によって汚れをつきにくくすることができます。床のワックスがけやガソリンスタンドで車の洗浄の際に行うコーティングなどをイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。
透明のクリア塗料を塗装するため傷やひび割れなどを消すことはできませんが、お風呂を長持ちさせるためにはとても優れているので劣化がわずかな状態のお風呂にはオススメしております。

 

BASEのお風呂塗装はここが違う!!

BASEのこだわりはお風呂の再生塗装も同じです。
お客様にとってベストなご提案をし、熟練の一級品の職人が施工し、お客様がご安心してご使用し続けるためにアフターフォローを致します。
お風呂塗装をご検討しているお客様の中には、我々BASEよりも施工費用の安い業者さんを見つけられた方もいるのではないでしょうか?
ユニットバスの入替工事に比べれば遥かに安いですが、私どものお風呂塗装は安さで売っているわけではございません。
お風呂は1日の疲れを癒す家にとってとても大切な空間です。私たちはその大切な空間がいつまでも居心地よく快適に過ごしていただくために、日々精進しております。

 

お風呂塗装の施工は確かな技術がなければ行うことができません。浴室は常に水分・湿気をまとう空間ですので、下手な施工をすればすぐに剥がれや膨れなどの施工不良が生じてしまいます。確かな施工力がある会社かどうかは以下の三点を見ればすぐにわかります。
1.施工保証を出しているか
2.色は変えることができるか
3.ステンレスやホーローなどFRP素材以外も塗装することができるか
施工に不安があれば保証は出せませんし、違う色に塗装することや付着しづらい素材への塗装は施工レベルが高水準な職人にしかできません。
BASEのお風呂塗装は熟練のお風呂塗装専門の職人一人ひとりが一つの現場を責任を持って仕上げていきます。
細かなところにも気配りを持ち、施工だけでなく、お客様のお家にお邪魔して施工させていただく工事ですので礼儀礼節などマナーの面もしっかりしており、その点でもご安心して任せていただいております。

 

BASEでは定期的に点検を行い、万が一の不具合などに対応しております。また何かあった際もお電話一本ですぐ駆けつけております。アフターフォローを謳っている業者さんは多いと思いますが、しっかりと定期的に点検やメンテナンスに来るリフォーム店はほとんどないのが現状です。リフォームは施工は完了したところで終わりではありません。大切なお風呂が常にベストな状態でご使用いただくために、我々はアフターフォローを欠かしません。

 

お風呂料金プラン

バスタブ再生塗装 80,000〜
浴室全体再生塗装 80,000〜
床マットカバー 60,000〜
ダイノックフィルム1面 40,000〜
ドア交換(カバー工法) 80,000〜
コーティング塗装 40,000〜
ライニング補修 15,000〜

*サイズ・劣化状況によって金額が変わります。
*現場調査・お見積もりは無料です。
*業者様向け大量発注プランもご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

施工保証

一般住宅保証 2年間
商業施設保証 1年間

*詳しい保証内容はお問い合わせください