火災保険による補修について

住宅の補修に火災保険が使えるってご存知ですか??

よく火災保険は火事が起きた時にしか使用することができないと思われている方が多いのですが、実は火災保険はとても保険対象が広い保険なのです。

現在はインターネットなど情報社会の発展によって、だいぶ火災保険の保険内容も加入者の方にも浸透してきて、火災保険を正しく使用する方も増えてきました。

まずはご自身の加入している火災保険の内容がどういったものなのか、把握しておくことが大事です。そして、住宅など建物に損害が起きた際は対象内か判断することです。

どんな時に火災保険が使えるのかみてみましょう。

 

【火災保険の補償内容】

 

火災保険の補償内容はどんなものが対応していくのか見てきましょう。

火災保険は火事や自然災害などで被害を受けた損害を補償する保険ですが、補償の対象になるのは、「建物」と電化製品や家具などの「家財」です。持ち家の人であれば建物と家財の両方を、賃貸住宅の人は、建物は大家さんが契約するので、家財のみ契約します(持ち家の場合もどちらかだけ契約、とすることもできます)。

戸建ての場合、建物本体以外に門や塀、車庫や物置なども補償の対象になります(車庫に入れている車は対象外)。マンションの場合は、自分の部屋が対象です。廊下やエントランスなど、住人が共用で使う部分は管理組合が火災保険をかけます。

*こちらは損保ジャパン日本興亜の火災保険の補償内容です

https://www.sjnk.co.jp/kinsurance/habitation/

火災・落雷・破裂、爆発・風災、雹災、雪災・水災・建物外部からの物体の落下、飛来、衝突など・漏水などによる水濡れ・騒擾、集団行動等に伴う暴力行為・盗難による盗取、損傷、汚損・不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)

ざっと文字で記載するとなんのことやらと思われる一方、こんなに多くのことが対象とされてきます。もちろんこの内容は保険会社さんや契約内容によっても変わってくるので、ご加入の火災保険の契約内容を把握しておくことが必要です。

*ソニー損保の場合

 

https://www.sonysonpo.co.jp/fire/

 

火災保険ランキング

 

https://hoken.kakaku.com/insurance/kasai/ranking/

 

【火災保険を利用した補修の主な例】

 

意外とありとあらゆることに適応してくれる火災保険。

その中で過去にあった補修のケースを簡単にあげてみます。一番多いのは台風による屋根や雨樋の被害、落雪によるカーポートの被害による補修です。また、クロスや床など家の中の被害も火災保険の対象内に入っている場合が多いので、何か被害にあった場合は火災保険の対象内かどうかを確認するのはとても大切です。

・屋根補修・・・屋根の補修といった工事は保険を利用する場合とても多いです。一番多いのが台風によって瓦が破損したり、欠落してしまったといったケースなどです。

・雨樋補修・・・屋根の次に多いのが雨樋の自然災害被害。台風や雪など自然災害などによって雨樋が変形したり、破損など損害が起きた場合などです。足場などが必要ない箇所ならいいんですが、足場が必要になってくるとどうしても高額になってくるので、お客様からは入っておいてよかったとよく言われますね。

・カーポート補修・・・落雪や風による被害が多いです。パネルの破損は一枚からもいけますので、お気軽にご相談ください。

・フェンスなど外回り・・・車が飛び込んでくるなどで発生した建物への損害も火災保険が適用されます。戸建てであるのがお隣さんが車庫入れ時に誤まってフェンスやブロックに当ててしまった場合、加害者側の車両保険で補修しますが、同時に被害者側もご自身の火災保険を利用することもできます。

・家の床の補修・・・水濡れなどの被害(豪雨による浸水や給排水設備などの漏水などなど)による床の損害なども適応されるので、フローリングの張替えなども行えます

・クロスや扉など補修・・・家具や家電などを移動している時にぶつけてしまったりして開いてしまった穴など、そうした場合にも利用できます。

 

【火災保険の利用の仕方】

 

災害の被害にあったらまずは保険会社さん、または工務店など施工会社に相談してください。

もちろん真っ先にBASEに頼んでいただけると非常に嬉しいです。

保険会社さんに被害を申告するとほとんどの保険会社さんは被害の申請書を送付してくれます。その申請書と今回の被害を補修するお見積もり書を保険会社さんに提出すると、後日保険金が降りるといった流れです。その中には被害の箇所を調査する調査員の方がくる場合や被害状況の聞き取りをする場合など細かな部分はあります。

BASEでは申請から施工まで全て行なっていきます。

保険の申請時には被害場所の写真の提出などもあり、煩雑な作業などもありますがそういったご面倒もこちらで行なっていきますので安心してご相談ください。


火災保険で雨樋などの住宅修繕ができる