リフォーム相談Q&A【外壁】

外壁補修・外壁塗装・外壁張替えなど

外壁補修・外壁塗装・外壁張替えに関するお悩み相談の一部を抜粋しました。
リフォームの参考にしてください。

Q.外壁の塗装前に洗浄はしてくれるのですか?
家を建ててから、早いもので10年が過ぎました。外壁の色は、半分から下の部分はホワイト、上は濃ダークブラウンです。そろそろ壁の色のくすみが目立ってきました。今年中には、外壁の塗り替えを検討しているところですが、塗り替えをする前に、外壁の掃除はしてもらえるのですか?窓ガラスに発生した結露が原因で、2階の窓の部分から、ホワイトの外壁に渡って、みどりの苔のような汚れがとても目立ちます。
上に色を被せるのですから、もちろん汚れは見えなくなるのでしょうが、簡単にでも掃除をしてから、塗装をしてもらいたいのです。せめて、苔だけでも落としたいと思っていますが、業者さんはそこまでしてくれませんか。

A.塗装の前の洗浄はとても大切です
最近はほとんどいなくなったと思いますが、いわゆる悪徳業者が横行したころには、そのまま塗る業者もいたかもしれませんが、今ではどの塗装屋さんも、ほぼ間違いなく水洗い洗浄をしてからの塗装になります。
見積もりの際、壁の水洗いや洗浄という項目を確認して、内容を一つ一つ説明を聞いておくと、コミュニケーションも取れ、業者さんも気を引き締めて仕事に臨む事でしょうから、いい仕事につながるいいかもしれませんね。また外壁塗装は上塗りをする前の洗浄、下地処理、下塗りがとても重要ですのでその辺りをちゃんと施工する業者さんに頼まれるのをオススメします。

Q.外壁仕上げの選定について
既存木造住宅のリフォームを検討しています。その中で、外壁のリフォーム内容について悩んでいます。
既存外壁は「窯業系サイディング」です。リフォームにあたり既存同仕上げにすべきか、それとも最近はやりの「ガルバリウム鋼板」等のほうがいいのか、
どちらがベストなのかわかりません。コストだけでなく、機能上・耐久性上どうなのか知りたいです。

A.種類は色々。希望に応じて商品を変えましょう。
窯業系サイディングの特徴として安価で耐久性・耐火性があり、デザインのバリエーションも豊富なので、ガルバと比較すると選択の幅が広がります。また、最近の製品は塗膜の耐久系も向上しており、無機塗料などセルフクリーニング機能を付加したタイプもあります。メンテナンスとしては物によりますが、10~20年経過したら外壁塗装をする必要があります。
ガルバリウム鋼板等金属系サイディングは他の外壁材よりも軽く、建物に負担がかけにくいので窯業系サイディングとは違いカバー工法での施工が可能です。また、デザインもシャープでモダンなデザインです。最近のガルバは特殊なメッキで耐久性を高めているのでサビにも強くなってきています。メンテナンスとしては物によりますが、20年程度経過したら外壁塗装をする必要があります。
どちらがベストというのは一概には言えませんが施工方法も変わってきますし、またデザインがだいぶ変わってくるので、お家の雰囲気をどのようにしていきたいかを考えて、その中で商品によって機能や耐久性も変わってくるのでそこで選んでみたらいかかがでしょう。

Q.外壁のリフォームについて教えてください
中古住宅の外壁リフォームについて教えてください。
昨年、築16年木造二階建ての中古住宅を購入しました。建物内(内壁クロス、キッチン、トイレ等)はリフォーム済、外壁は前の所有者の方が7~8年前に再塗装したという状態で入居しましたが、最近、外壁の塗装の劣化が気になっています。
外壁を指でこすると白い粉が手に付いたり、建物角の塗装にごく細かいヒビがいくつか入っています。
このような条件の場合、外壁リフォームの方法にはどのような種類があるのでしょうか。大まかで構いませんので、それぞれの工法のコスト面についても知りたいです。なお、海が比較的近い立地で、冬季は積雪もある土地です。よろしくお願いいたします。

A.定期的なメンテナンスをオススメします
外壁のリフォームとしては主に以下の四つの方法があります。コストが安い順です。
部分補修
塗装
重ね貼り
張り替え
どれも、材料によって金額は変わってきますしそれぞれにメリットがありますので、一概にこれが一番良いというの言いづらいところです。
ただ、築16年で既に1回目の塗装を行なっていて、現在のそのような劣化状況であればしっかりした塗装をすれば長期間維持していくことは十分可能です。

Q.二階のベランダをなくすことはできますか?
家の二階にはベランダがあるのですが、屋根がなく冬に雪がたまってしまい、重くなってしまい壊れてしまいかけたことがあったので、定期的に雪かきをしなければならず、面倒なのでベランダを無くしたいと考えています。綺麗に取り除きたい。そのようなことは現実的に可能でしょうか?

A.状況に応じて可能です。
ベランダをなくすこと自体は可能です。
現場の状況や劣化具合でも変わりますので、一度見てもらって判断を仰ぐのが良いと思います。
ただ、施工後に雨漏りのリスクが伴いますので、建設した施工会社や同様の工事の実績がある工務店など業者の選定はしっかり行ったほうが良いです。

外壁リフォーム相談続き

リフォーム相談Q&A【外壁】