リフォーム相談Q&A【屋根】

屋根補修・屋根塗装・屋根張替えなど

屋根補修・屋根塗装・屋根張替えに関するお悩み相談の一部を抜粋しました。
リフォームの参考にしてください。

Q.屋根に施工される保護塗料の耐久年数について
一軒家を建築して10年以上経ちました。
建築した会社から耐久年数の関係で検査したほうが良いとの連絡を受け実際に見てもらったところ、屋根に施工されている防水塗料がそろそろ耐久年数を超えていて施工し直したほうが良いとの事でした。
新築から随分と年数が経過してから突然言われたので驚いたのですが、更に驚いたのは施工にかかる費用が数年早ければ10万円は違っていたというのです。
頼むしかないので了承しましたが、塗料の耐久年数を超えた結果そこまでの差がでる理由とは何でしょうか?

A.10年程度で塗装することをおすすめしています。
屋根材が何を使用されているのかにもよってメンテナンス時期は変わってきます。日本瓦や洋瓦などは塗装は必要ないですが、カラーベストと呼ばれるスレート瓦であれば10年程したら塗装が必要になります。
年数はあくまで目安ですので、防水の状態がどうなっているのか、屋根材は傷んでいないのか、状態に応じてメンテナンス時期は変わってきます。
お客様のご質問にお答えすると、屋根材が多数割れてしまった為補修が必要、劣化がひどく塗料の吸い込みが激しい状態なので通常よりも塗料を使用しなければならない、塗料のランクをあげないと意味がないほどに劣化しているなどですかね。
現在の劣化状態がどのなっていて、どのような工事が増えたので、値段が上がったなど具体的に聞いてみるのが一番です。

Q.屋根と外壁は一緒にやったほうが安くすみますか?
築13年の木造戸建て住宅の屋根、外壁のふきかえを検討中です。足場代が一番かかるので、屋根・外壁を一度にやった方が良いと聞いています。すぐにでもふきかえをしたいのですが、一度で依頼した方が安く済むのでしょうか?また、リフォームローンは組めるのでしょうか?15年目には確実に点検及び修繕をしなくてはと考えております。よろしくお願い申し上げます。

A.断然安くすみます
××様が仰る通り、外壁屋根は一度にやったほうが別々で行うよりも安く行うことができます。外壁を行うにも、屋根を行うにも足場を立てなければいけませんし、養生や洗浄など同じような作業をしますので別々に行えば一度できることを二度しなければいけないので高くなります。外壁も屋根もメンテナンス時期はかぶることがほとんどなので、できれば同時に行うことをおすすめします。
また、リフォームローンは信販会社を利用する場合は加盟店になっているリフォーム会社でなければ利用できませんが、銀行のリフォームローンでしたらどの会社に頼んだとしても基本的に利用することができます。

A.屋根塗装について知りたい
15年間今の家に住んでいますが、かなり屋根の色が色褪せてきました。そろそろ塗り替えをした方が良いと主人が言うのですが、行わなければいけませんか。100万円以上のお金がかかると聞いたことがあるので悩んでいます。また塗装を行わないと、どの様な事が起きてしまいますか。雨漏りとかが起きてしまうのでしょうか。

Q.屋根のメンテナンスは家を維持していくための必要工事です。
屋根材が何か分かりませんので何とも言えませんが、施工方法によってかかる費用は変わってきます。
カバー、葺き替え→施工費が高額になる
屋根塗装→カバー、葺き替えよりか安価
カバー工法や葺き替え工事は既存の屋根材から新しい屋根材に変えてしまう工事ですので、新品になります。この工法をする時というのは一般的に既存の屋根材はもう機能を果たすことができなくなった時などです。新品に変わりますので、値段も高額になってきます。できればそうなる前までにメンテナンスを行なってください。
多くの屋根メンテナンスで使用される工法は塗装になります。補修をしてから塗装をして行きます。塗料の性能や立地条件、下地状況によって当然変わってきますが、概ね10年程度は持ってくれます。
屋根は何もしなければ雨漏りを誘発する恐れがあり、早ければ早いほどいい工事になります。外壁と屋根のメンテナンスは後回しにせず、定期的なメンテナンスを行うことが総合的に費用を抑えることに繋がります。

Q.屋根や外壁のリフォームで固定資産評価額に影響はありますか?
屋根や外壁などをリフォームした場合、固定資産評価額が上がる可能性があると聞きました。
雨漏りを修繕するためであったり、瓦の割れた個所を治すのが本来の目的であっても、従来より見た目がきれいになったり新しさを感じるようだと、評価額に影響するのでしょうか。改築にあたるかどうかはどのように決定されるのかわかりませんが、業者と事前相談してうまくはこべますか。

A.不動産売買のメリットにはなります
一般的に、住宅の建て替えや大規模なリフォームの際に提出する建築確認申請が必要ないリフォームの場合には、固定資産税は上がることはほとんどないと言えます。
ですので見た目が綺麗になったり新しさを感じるようになることで、評価額が上がるというのは難しいです。
不動産売買の際は、買い手がつきやすかったり値段を上げやすかったりメリットは出てきたりはします。
事前に相談して方向性を決めることはいいことだとは思います。
https://hapisumu.jp/subsidy-a085555/