リフォーム相談Q&A【外構・エクステリア・ガーデニング】

外構・エクステリア・ガーデニング

フェンスやカーポート、駐車場やお庭など家の外回りに関するお悩み相談の一部を抜粋しました。
リフォームの参考にしてください。

——————————————————————————————————————-

Q.庭のガーデニングの変更について
庭のガーデニングについてですが、新築時知り合いの植木屋さんに植木など選定してもらい持ってきて植えてもらったのですが、ただ持ってきたと言った感じで庭自体にコンセプトを感じられず、なんとなく中途半端です。今更ですがイングリッシュガーデンの様な庭に変更をしたく、現在の植木を全て処分して変更したいのですが出来るでしょうか?なお、一戸建てですが元々空地の時に駐車場にしており未だに土の中から砂利(石)が出てきます。大分取り除いてはいますが、対応可能でしょうか?

A.施工可能です。
内容を拝見する限りでは、工事自体は問題なく対応できる内容です。
施工前にどのような完成になるのかしっかりヒアリングはもちろんCGなどで完成図を作成できる業者さんに頼むと良いと思います。

Q.駐車場をガーデニングへ変更
現在3台の車を止めてある駐車場が家の前面にあります。すべての場所にカーポートもついています。
最近、車を処分して台数が1台に減ったため、アスファルトの駐車場があるだけのスペースになってしまっていますが、一度アスファルトで固めた場所をガーデニングができるようなスペースにリフォームすることは可能でしょうか?

A.施工可能です。
リフォームはもちろん可能です。
ぜひ一緒に楽しめる業者さんを探してください。

Q.フェンスを高くしたい
フェンスの高さがウッドデッキの部分だけ低く、フェンスぎりぎりまでウッドデッキがあるので子供が落ちそうで危ないので高くしたいです。
既存のフェンスを取り壊して付け替えるしかないのでしょうか。
既存のフェンスは残したらまま高くすることもできるのでしょうか。

A.基本は取り換えになります
既存フェンスがどのようなものなのかわからないので一般的なことしか言えませんが、基本的には既存フェンスから新しいフェンスへの取り替えになります。
仮に既存のフェンスに付け足しで新規フェンスをジョイントや溶接しても高さが出ると強度は弱くなり風などで曲がる場合もあります。
または、支柱を変えて既存フェンスの上に新規フェンスをつけるというパターンになるかと思います。
ウッドデッキ部分のみ高さが欲しいようでしたら、ウッドデッキに直接ラティスなどをつければフェンスの取り換えよりも安価にできます。

Q.玄関ポーチの亀裂は放置しておくとまずいですか?
レンガ貼りの玄関ポーチの面、階段に繋がる部分が幅広く亀裂が入ってしまって、直ぐに壊れるって事はないと思うんですが、このまま放置していると、隙間にアリの巣ができてしまったり、雨水がはいり不具合が起きてしまったりする事があるのでしょうか?レンガも腐ったりするのでしゅうか?

A.放置せず直しましょう。
水が入り込むようなところであれば、基盤が弱くなっていきますし、放って置くことで亀裂がさらに広がったり、おっしゃるように虫などがはいりこんだりデメリットが大きくなっていきます。
今はホームセンターでセメントやコーキングなども売っているのでご自分でも簡単なことであれば修理可能ですし、心配であれば近くの工務店などに頼んで見てはいかがでしょう。

Q.フェンスの取り換えについて
現在庭の道路に面した側にはレッドロビンが植えてあります。剪定や落ち葉の掃除が大変なため、取り除こうかと思っています。
そうすると今のフェンスが外から丸見えですので、取り替えたいと思います。
全く外から見えないのも防犯上あまりよくないかとも思います。
適度に外からの視線を遮るフェンスで何か良いものがありましたら、教えていただきたいです。
設置する場所は10メートル位です。高さは庭に人が立っているのが隠れる位がいいです。
よろしくお願いします。

A.目隠しフェンスはいかがでしょうか?
各社目隠しフェンスを出しているのそちらからご検討してみてはいかがでしょうか。
リクシル
https://www.lixil.co.jp/lineup/exterior/fence/
YKK
https://www.ykkap.co.jp/search/index.html?s=exterior_fence
その他「目隠しフェンス」と調べると色々出てきますよ。
目隠しフェンスにはフェンス感を完全に塞いで全く見えなくするものや、間隔をあけて外が多少見えるもの、木製樹脂で木の感じを出すものなど多種多様なものがあります。高さを出す場合は基礎をしっかりすること、風が強い場所などは空気がしっかりと抜けるようにすることなど、取り付けた後に風や重みなどによって曲がったり壊れたりしないような施工方法が大事になります。